直列および並列共振

作成者: Zbigniew Hanzelka

ソース: アンジェロBaggin編電力品質のハンドブック, ジョン·ワイリー & ソンス, 株式会社

1. 並列共振

電力QFC の力率補正のためだけに意図されたコンデンサバンクは、精度と慎重に選択されるべきである, PCCで考慮周波数 - インピーダンス文字ISTICSを取っ (図 1). 共鳴現象に起因する問題, 高調波の存在に起因, 避けるべきである. なお、共振周波数nことを確実にすべきであるRP サプライネットワーク·コンデンサバンクの回路の回路は、並列共振条件に近いから離調が保証, i.e. 共振周波数は、非線形負荷により発生する重大な高調波に近くない.

直列および並列共振 1

図 1 供給ネットワーク及びいるコンデンサバンクの例示的周波数特性を示す, 非線形負荷端子から見た. バッテリ電力の増加とともに、共振周波数の増加 (接続されているセクションの数, 静電容量) 明確に見ることができる.

図 2 回路の概略図を示している, 共振現象の効果について, 現在の倍率は6パルスコンバータ駆動の特性高調波の1で発生.

図 1 のセクションに分割キャパシタバンクの電流と電源ネットワークキャパシタバンクのインピーダンスの周波数特性, 非線形負荷端子から見た

図 1 のセクションに分割キャパシタバンクの電流と電源ネットワークキャパシタバンクのインピーダンスの周波数特性, 非線形負荷端子から見た

図 2 電源ネットワーク·キャパシタバンク回路における高調波電流の増幅経路

図 2 電源ネットワーク·キャパシタバンク回路における高調波電流の増幅経路

並列共振から離調する補償回路の適切なパラメータを選択することによって達成することができる, i.e. バッテリ電力を変化させるおよび/または抗共振リアクトルを添加すること. 電圧歪みを限度内に含まれず、電池が過度の高調波電流を過負荷から保護する必要がある場合には、コンデンサバンクと直列に接続されている. 離調リアクトルとコンデンサバンクは、直列共振周波数とその目的に単一のブランチ高調波フィルタとは異なります. これは、離調反応器を有する銀行はまた、バスバーにおける電圧歪みを低減することが強調されるべきである, フィルターはよりも程度は低いものの、.

コンデンサバンクと直列にリアクトルを接続すると、このようなインストールのためにいくつかの追加の要件を必要とする, すなわち:

  • コンデンサユニットは、電源ネットワークの公称電圧より高い電圧のために評価すべきである (あなた= A2/(N2 -1), nはLC直列回路が同調される成分の次数である;
  • 原子炉「縦断熱材は、銀行スイッチング電流によって生じる過電圧に耐えるような大きさでなければならない. 過電圧値は、補償回路のLCのパラメータに依存する.

直列LCブランチの共振周波数の選択は特に重要である. なお、バッテリ接続の点で最も低い高調波の周波数よりも低くなければならない, LCブランチが持つように (この周波数での) インダクティブ文字.

直列リアクトルは、しばしば、いわゆる減衰係数を用いて選択される (P) キャパシタ電圧によりリアクトル電圧の商として定義される, パーセンテージとして表さ. Pのダンピングファクター= 5.67 % LC分岐直列共振周波数があることを意味 223 ヘルツ. このような反応器は、第5次高調波が支配的なネットワークで適用される. 同様に、Pのため= 7% (189 ヘルツ) と 14 % (133 ヘルツ).

2. 直列共振

キャパシタバンクがインストールされた直列共振は、電力システムにおいて、特定の条件下で発生することが. この場合は、図に示されている 3. 低電圧バスバーは、変圧器を介して配電網から供給される (TR). コンデンサバンクは、無効電力補償の目的のために接続した. 6パルスサイリスタコンバータ (非線形の負荷) 中電圧バスバーから供給される. 等価回路図および周波数 - インピーダンス特性, 変換器端子から見, 図に示されている 3(B) と (C言語).

図 3 (A) 回路図, (B) 等価回路, と (C言語) 非線形の負荷とコンデンサバンクと例をインストールするための周波数 - インピーダンス特性

図 3 (A) 回路図, (B) 等価回路, と (C言語) 非線形の負荷とコンデンサバンクと例をインストールするための周波数 - インピーダンス特性

それがあることは明らかである, 別に周波数fの並列共振からRP, また、直列共振周波数fは、この回路で発生するRS 全インピーダンスは小さな値となるいる. これは、この高調波のために共振回路が並列フィルタの特性を示すことを意味する. 共振周波数f場合RS 第5又は7次高調波に近い, 例えば, この高調波電流, コンバータによって生成された, 変圧器の回路と直列に接続されたコンデンサのリアクタンスに流れることになる. この場合, 逆に、並列共振, 高調波電流倍率は発生しません, しかし、共振回路は、そのような目的のために意図されていない回路に流れる電流を強制的に. 強い電圧歪は、低電圧回路で発生することが.